ご要望とご信頼にお応えするために~設備・器材紹介~

患者様の身体の一部となって活躍する歯科技工物は、大切な存在です。そのため東京都町田市の歯科技工所K-Dental(ケイデンタル)は、クオリティを重視した歯科技工物製作に力を入れています。

歯科医院様のご要望とご信頼にお応えするために、最新の設備・器材を完備し、さまざまなメーカーや素材に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

Roland DWX-51D

世界の歯科技工士の要望を集約して開発された5軸制御の歯科用ミリングマシン「DWX-51D」。K-Dentalでは、新たにこのシリーズハイエンドモデルを導入しました。Roland製CAM ソフトとの相性はもちろん抜群。5軸加工のメリットが最大限に引き出され、より完成度が高い精密な補綴物をご提供することができるようになりました。ATC(自動刃物交換装置)において、10本のドリルを設定することにより、多様な素材や複雑な加工にも対応可能です。

Roland DWX-51D  5つの特徴

[その1]高品質な加工を可能に
同時5軸制御やX,Y,Z軸にスムーズに作動するボールネジを採用したことにより、複雑な形状にも難なく対応。アンダーカット、ロングスパン、フルマウスなどといった加工が可能になったことで、より精密な補綴物をつくり出します。
[その2]オートツールチェンジャー(ATC)
オートツールチェンジャーを搭載。10本のミリングバーをマガジンにセットできるようになったことにより、準備の手間やタイムロスを軽減します。
[その3]多様な素材に対応
厚さ60mmまでのディスクをクランプすることができるようになりました。最大9個までピン付き材料をセットできるアダプターも標準装備。簡単かつ確実に作業を進められます。
[その4]衛生的で快適
集塵効率の高いエアフロー構造で、機体内部の粉塵もパワフルに回収・排出します。また、PMMAを加工する際の切粉除去に有効なイオナイザーも搭載。
[その5]タイムロスの削減・コストダウンの実現
機体の状況をいつでも確認できる機能が備わり効率的な生産が可能になったことで、作業のタイムロスの削減や材料のコストダウンが実現。また、エラー発生時や加工完了をメールで知らせてくれるVPanelのメール機能も加わりました。

3Shape

「3Shape」は、3次元スキャナーと設計ソフトを組み合わせた歯科用CAD/CAMシステムです。高性能の3D画像と設計の自由度が高いことから、あらゆる症例に対応が可能です。歯並びや歯ぐきから採取した型を3Dスキャンし、補綴物の製作までの流れをスムーズに短時間で行うことができます。

3M ESPE Lava Scan ST

審美性の高さと生体親和性の両立という点から、「オールセラミックス」への需要は高まりつつあります。LavaTMは、CAD/CAMシステムを用い、高純度ジルコニアのオールセラミックスによる歯科技工物の製作を実現するフレームワークです。

高純度ジルコニアは金属材料や従来のセラミックに比べ、強度や安全性が高く、高い精度が得られる点が魅力です。当技工所が導入している、「LavaTMオールセラミックシステム」では、「3M ESPE Lava Scan ST」を用いて製作します。模型をつくり、それをスキャンしたデータをもとにセラミックから削り出すことで、セラミック製のすべての技工物の製作が可能になりました。

コンピュータによる製作なので、品質にバラつきがなく、従来に比べ製作時間も短縮。国内で「3M ESPE Lava Scan ST」を取り入れている歯科技工所は、まだあまり多くありません。ぜひ当技工所が送り出す技工物の、精度と品質をお確かめください。

3M ESPE Lava Scan ST による技工の流れ

※上記画像はクリックで拡大表示されます

LavaTMオールセラミックシステムの注意点

「LavaTMオールセラミックシステム」による技工物の製作には、スキャンに適した支台歯の形成や、高精度の印象採取が大切です。マージンラインの明確化と変形の防止のために、精密シリコン印象材による、ガイドラインに沿った模型製作をお願いいたします。

IPS e.max(イーマックス)ファーマネス

当技工所が導入しているIPS e.max(イーマックス)ファーマネスは、オールセラミックスによる歯科技工物を製作するためのシステムです。このシステムを用いて製作した技工物には、さまざまな優れた特徴があります。

IPS e.max ファーマネスによる技工物の特徴

  • モジュラーシステムによって多様な製品を製作可能
  • 審美性と耐久性に優れたオールセラミックス製
  • ガラスセラミックスおよび酸化ジルコニウムの双方に対応できる、レイヤリング用セラミックス材
  • 補綴(ほてつ)物の種類にかかわらず、焼成後の色調予測や口腔内での色調予測、簡易な表現ができる
  • 接着性セメントで接着

MINISTAR

MINISTARは矯正から審美、予防まで、幅広い症例に対応する歯科技工物を、製作するためのシステムです。MINISTARの優れた特徴として、次のような点があげられます。

適合性のよいプレスが可能

「回転チャンバ―」によって、高い温度で軟化したプレート面を直接模型へ圧接する構造なので、しっかりと模型に圧着することが可能です。

4.0barの加圧で、高精度の成型ができます。

誤操作を防ぐシンプル操作

使用するプレートにはバーコードを表示。それを読み込むことで、加熱時間や冷却時間を自動設定するシステムです。

他社のプレートを使用する場合、加熱時間を直接入力する操作が必要(直径125mmのみ)。

3DSに使用するマウスピースも製作可能

MINISTARでは、3DSに使用するマウスピースも制作できます。3DSとは、Dental Drug Delivery Systemの略で、マウスピースによって歯や歯周組織を抗菌剤にひたすことで、虫歯や歯周病を予防する処置です。

高精度のマウスピースを用意すれば、唾液によって薬剤が希釈されることなく、高濃度の状態を保つことができるため、バイオフィルムに効果的に働きかけることができます。

ポーセレンファーネス オストロマット3001

「オストロマット3001」は、ドイツ・デケマ社製のポーセレンファーネスです。 品質・性能はドイツでも実証済みで、世界中の多くのマイスターが採り入れています。

コンピュータ制御により温度の誤差を±3℃以内に保つことができ、高~低温域まで幅広い用途に使うセラミックを正確に焼成できます。
なお、最大で100通りの焼成プログラムを記憶できるため、焼成の手間も削減。焼成後には、バキュームポンプにより炉内を瞬時に冷却できるので、作業時間の短縮も実現します。

松電舎 ズーム式顕微鏡

当技工所では、精度の高い歯科技工物を実現するため、松電舎のズーム式顕微鏡を導入しています。手もとを適切な倍率に拡大し、正確に見ながら作業することが、効率よく正確な仕事につながります。

松電舎 ズーム式顕微鏡のメリット

  • 7~30倍まで、適切な大きさにズーム可能
  • 上下左右に動かすことができ、角度も自由自在の快適操作
  • わずらわしいロックなしで、任意の位置にピタッと静止
  • ストローク67mmの粗動アングル(上下動ハンドル)によって、細かなピント調節もラクラク

カメラ(Nikon)

歯科技工物をご自分の歯と同じように使っていただくためには、色を含む見た目も大切です。当技工所では色合わせのため、信頼性の高いNikon製のカメラを採用。写真データをモニタで確認しながら、築盛(ちくせい)作業を行います。